2017 Dakar Rally 感謝

  • 2017.01.19 Thursday
  • 18:51

皆様の本当に沢山の応援を頂きながら三男・晋之介が参戦を致しました、今年の「ダカール・ラリー」。

 

お陰さまを持ちまして、当初の目標であった「完走し、無事帰り、未来に繋ぐ」を果たし、

ブエノスアイレスの最終ゴールとなるポディウムの表彰台において、大きな完走の証となるメダルを受けとることが出来ました。


この結果は、応援を下さった多くの皆様のお陰であること、を心に刻み、

更なる未来に繋いで行こうと考えております。

ありがとうございました。

 

監督として、2週間の戦いをふり返りますと、、世界の最高峰への初参戦と云うことで、

「毎日を慎重に走り、完走のゴールに結ぶ」をテーマに走りましたので、

総合順位においては本人には、いささかの不本意さも心の片隅にあるや?も知れませんが、、

ここは一番、夢を託して下さった沢山の方々の為にも順位には拘らず、

ゴールの栄冠を持ち帰る事に焦点を合わせ、毎日を精一杯に走った結果であります。

ダカール・ラリーは、ご覧頂いたとおり、大変に過酷な自然条件下における超の付くほど長丁場での戦いでありました。

速く走っても、遅く走っても一律の苦闘と試練に変わりはなく、故に、走りきった者に与えられる栄誉は同じなのであります。


35年前の1982年、私が走ったダカール・ラリーと今は、どう変わったのか??

舞台はサハラからアンデスへ、冒険とサバイバルの精神はコンペティション化が進行し、

ファクトリーチームなど個人よりもチーム化が主たるものに変化致しました。
が、今でも変わらぬものは、大自然に向けての挑戦と冒険の精神であります。

その辺りに、今も世界中から多くの選手を集め、オフロードの世界の最高峰と言わしめるダカール・ラリーの魅力の秘密があると感じました。

自然に対する知識と経験値、同じ事柄がその競技、技術、忍耐、夢、様々の要素に対して豊富な経験を求められるダカールだから、

素晴らしいのかもしれません。


今回はその経験を最重要課題として挑みました風間晋之介のダカールでしたが、

次回は少し競技に重点を置いて挑むつもりでありますので、今後とも変わりのないご支援を、宜しくお願い申し上げます。

今回は本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

DAKAR RALLYへ出発、スタート地点のパラグアイ・アスンシオンに無事到着

  • 2016.12.28 Wednesday
  • 20:31

 

25日(日)21:30に成田空港を出発し、

窮屈な38時間のフライトでやっとやっと、

二日後の27日(火)11:30、

パラグアイの首都アスンシオンについた〜〜。

ヘロヘロです。

そして暑いっす。

時差は日本からマイナス13時間だから、

現地時間26日(月)22:30着でした。

 

 

 

 

一夜明けたアスンシオンの街に出てみました。

ホテルの前にあったJonny Rocketと云うハンバーガー屋さん。

お客様が来る毎に、スタッフ全員で「ようこそ!」の声でお出迎え、

そして、圧巻は1時間毎のスタッフ全員によるダンスだった。

ウエイトレスのセニョリータは超の付くはにかみ屋さん。

「写真撮ってもいい?」と、カメラを向けるだけで顔を隠した。

 

 

 

 

 

ダカールグッズの専門ショップもアスンシオンの街角に出てましたよ。

 

 

 

なんだか、ここまでだと普通の海外旅行みたいですね。

とりあえず、まずは現地の空気に馴染むところから。

風間親子で挑む DAKAR RALLY 2017 壮行会の御案内

  • 2016.12.08 Thursday
  • 00:24

 

風間親子で挑む DAKAR RALLY 2017 壮行会の御案内

 

 

日頃より風間深志の活動をご支援・応援頂き、誠にありがとうございます。

 

さてこの1月、チーム監督:風間 深志、ライダー:風間 晋之という体制で、

「世界一過酷なレース」と称されるダカール・ラリー、旧パリ・ダカにチャレンジいたします。

 

ご承知の通り、風間は日本人初のパリ・ダカ出場ライダーである一方、

2004年二回目の参戦時にトラックの暴走に巻き込まれ、左足に障害が残る重傷を負いました。

 

その無念を晴らすべく、そして自身も出場を夢見ていた晋之介が、

奇しくも父の初出場と同じ32歳という年齢で、

風間家にとって運命のダカールラリーに挑みます。

 

つきましては、この大切な勝負への気運を高める壮行会を開催させて頂きます。

 

【詳細】ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〇日時:12月18日(日) 受付13:30開始14:00終了16:00

〇会場:モンベル 品川店 2階サロン 

https://store.montbell.jp/search/shopinfo/?shop_no=618950

 東京都港区高輪4-8-4モンベル高輪ビル1

 Tel:03-6866-7501

  ・JR線/京浜急行線「品川駅」高輪口 徒歩5

  ・都営地下鉄浅草線「高輪台駅」徒歩5

〇出演予定:風間深志、風間晋之介、大鶴義丹(俳優)、桐島ローランド(写真家)、and more

〇会費:5,000円

〇申込:,名前  △棺蠡亜焚饉厂湘) ご住所  し搬單渡暖峭  Eメールアドレス

を、下記衂間深志事務所 までご連絡お願いいたします

※人数把握の都合上、14日(水)までにご報告頂けると大変ありがたいです。

 

衂間深志事務所 

〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-9-18北村ビル2F

Tel : 03-3447-8522  Fax : 03-3447-8523

E-mail : shinjikazama.office@gmail.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今大会は、1月2日〜14日の13日間で、
5,000m近い高度も含め、述べ 8,818km 走行します。


うち休息日が1日だけあるので、
1日当たりの移動は平均で約734kmです。

 

そのうち、走行タイムを競う区間を「SS」
一般道などを含む移動区間を「リエゾン」と言います。

 

今回のSSは、1日当たり平均約344kmです。

 

例えるならば、
東京から箱根までオフロード中心の下道のリエゾンを移動してから、
箱根から京都まで超ハードなSSを全力でブッ飛ばし、
広島の尾道に設置されたゴールまでたどり着く。
それを二週間繰り返します。

 

幾多の困難が待ち受けているでしょうが、
皆様からの声援が必ず背中を押してくれます。

 

皆様へ「いってきます!」を伝え、意気込みを語り、エールを頂戴し、

勢いそのままに南米へと乗り込みたいと思いますので、

沢山の方々のご参加を心よりお待ちしております!

 

 

 

BAJA1000 無事フィニッシュしました

  • 2016.11.21 Monday
  • 11:23

18日(金曜日)未明から翌19日にかけ行われた第49回BAJA1000マイルレース。


我々チームは風間深志と風間晋之介による親子、2人一組、スポーツマン・クラスへの参戦だった。

マシンはヤマハWR450改。

 

6時15分からの早朝スタート。最初は父・風間深志がスタートを切り、

以後、トータルで870マイルをス交互に交代を繰り返しながらゴールのエンセナーダを目指す予定だったが、、。


レースには異変はつきものである。

レース序盤の晋之介の大転倒による肋骨骨折、

18日、深志の受け持った過酷な夜間ステージで予想外の大幅な時間を消耗する波乱(170kmを9時間を要す)も続き、

あわや、規定36時間以内の完走も危うし⁈ーーと言うところまで追い込められたものの、

19日朝午前6時30分、マシンを父から受け取ってからの晋之介、後半ステージを猛チャージで反撃。

胸の骨折をおさえ、520〜870マイルのゴールまで約500kmの厳しいオフロード(本当に激しい)

をライダーの交代無しで一気に駆け抜け、見事に16時45分の時間内完走を果たした。

パチパチパチパチ!

 

そのゴール会場。

大勢の観衆の待ち受けたゴールへウイリーで突入して行った晋之介、

表彰台に立って「BAJA最高!」を叫んで、詰めかけた観衆をわかせた。

 

ヤマハ発動機様、アライヘルメット様、コールマン様、ダートフリーク様、D.I.D様、

マッドフィシュデザインズ様、丸運様、ミシュランタイヤ様、モトハウス様、ローレンス様、山本光学様、風魔プラス1、

USヤマハ大川社長、メキシコヤマハ藤村社長、メカニック平田さん、スコアオフィシャルでドライバーをしてくれた村田さん、

フォレストサポートの本林さん、その他応援してくれた皆様方へ、本当にありがとうございました。

 

この物語は来年の1月14日、ダカールのゴールまで続きます。

 

よろしければ、クラウドファンディングの方もぜひご覧頂き、

温かい気持ちをお寄せ頂ければ幸いです。
https://readyfor.jp/projects/spirit-of-kazama

 

 

 

 

 

レース準備、映画の撮影とも、なかなか順調に進んでいます

  • 2016.11.16 Wednesday
  • 12:00

 

17日・木曜日の車検に備えて、昨日までのテストを元に各部の整備に一日を充てる。

タイヤをムースに履き替え、ブレーキ、オイル、フィルター類の交換など作業は多種多様、多忙を極める。

 

おまけに、今日は映画「ダスト・ツー・グローリー」のインタビューの収録の日。

あぁ聞かれたらこう言おう、この質問にはこう答えようと、こっそり準備もしておいたが、

結局は留学経験のある息子、晋之介には助けられながら、映画のインタビューは無事終了。

ちなみに、インタビュアーは監督のダナ・ブラウン(54歳)直々のものだった。


彼の、優しそうでどこか鋭い質問に、上手く答えられない自分のもどかしさを感じる一コマ。

映画は今回60台のカメラ、専用ヘリを4機も駆使しての撮影を挙行し、来年の夏以降に世界に向けての公開となる。


エンセナーダの街の上空はすっかり秋のうろこ雲。

もう来月はクリスマスの時期なのだなぁ〜と、考えつつ、

そんな時期に埃まみれになってバイクに乗る自分を、

つくづくと変わり者なのかな?と笑ってしまうのだった。

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM