レース準備、映画の撮影とも、なかなか順調に進んでいます

  • 2016.11.16 Wednesday
  • 12:00

 

17日・木曜日の車検に備えて、昨日までのテストを元に各部の整備に一日を充てる。

タイヤをムースに履き替え、ブレーキ、オイル、フィルター類の交換など作業は多種多様、多忙を極める。

 

おまけに、今日は映画「ダスト・ツー・グローリー」のインタビューの収録の日。

あぁ聞かれたらこう言おう、この質問にはこう答えようと、こっそり準備もしておいたが、

結局は留学経験のある息子、晋之介には助けられながら、映画のインタビューは無事終了。

ちなみに、インタビュアーは監督のダナ・ブラウン(54歳)直々のものだった。


彼の、優しそうでどこか鋭い質問に、上手く答えられない自分のもどかしさを感じる一コマ。

映画は今回60台のカメラ、専用ヘリを4機も駆使しての撮影を挙行し、来年の夏以降に世界に向けての公開となる。


エンセナーダの街の上空はすっかり秋のうろこ雲。

もう来月はクリスマスの時期なのだなぁ〜と、考えつつ、

そんな時期に埃まみれになってバイクに乗る自分を、

つくづくと変わり者なのかな?と笑ってしまうのだった。

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする